ブランディングスキル【MUPカレッジWeek8】

MUP Week講義
スポンサーリンク
KAZUMA
KAZUMA

こんにちは。KAZUMAです。

Week8に入りました。

ブランディングスキル【Week8】

Week8はブランディングスキルの付け方です。

まず結論述べます。

商品を売りたいのであれば商品を売るな

どんな商品・サービスでもブランディングがなければ売れません。

たとえとして美容師を出します。

同じ美容師でも5万円で仕事を行うこともあれば千円カットのように格安のところもあります。

同じ髪を切るという行為なのにここまで差が生まれてくるのか。

その違いを生み出すのがブランディングです。

ブランディングとは

まずブランディングとはどういうものなのか、マーケティングやPRとは何が違うのか分けていきます。

  • Marketing→特定の人に伝える
  • Advertising→不特定の人に伝える
  • PR→自分が伝えるのではなく第三者が伝える
  • BRANDING→相手からくる

ざっくり分けるとこのようになります。

ブランディングさえあればマーケティングも広告もPRも必要ないんです。

なぜなら相手から来てくれるわけです。百発百中なわけです。

次に企業のブランディンを詳しく見ていきます。

4つのブランディング

ビジネスにおいてブランディングは大きく分けると4つに分けれます。

4つのブランディングについて詳しく説明していきます。

コーポレートブランディング

コーポレートブランディングで一番重要なのは競合を把握するが競合を作ってはいけないことです。

どういうことかというと自社は○○だが○○ではないと明確に断言することです。

ここでGoogleを思い出してみてください。

皆さんはGoogleを何の企業だと考えていますか?
かなりのテクノロジーを開発しテクノロジー企業だと思っている人が多いと思います。

実はGoogleは広告会社なのです。

Googleは広告会社だけども広告会社ではないと断言しているのです。

利益の大半が広告収入なのに広告会社と断言していないかというと競合を作らないことで価格競争をしないようにしているからです。

プロダクトブランディング

プロダクトブランディングは相場以上の価値で物を売るために付加価値を付けることです。

相場で商品・サービスを提供しても利益は十分に出ません。

プラスαをすることで価値を生み出しより高い値段で商品・サービスを提供する必要があります。

例えば渋谷の料亭で牛丼が一杯5000円で売られています。
普通牛丼は一杯500円ほどが相場です。
どうして10倍もの値段であるにも関わらず売れているのか。

牛丼を出すまでに感動を体験さしているからです。

ただ牛丼を出すのではなくお客様の前でご飯をよそいお肉を焼きながら説明し普段では味わうことができない体験を付加価値として付け加えることでブランディングをしているのです。

ここで商品・サービスを売りたいのならその商品・サービスを売るなというのが重要となってきます。

マーケティングブランディング

マーケティングブランディングは文字通りマーケティングが価格付けには重要となっているということです。

その店がどういったマーケティングなのか、儲けファーストなのか顧客に空間を提供しているのかで価格が決まってきます。

それがどのように関係しているのかを理解するのも大事になってきます。

セールスブランディング

セールスブランディングは売り方のブランディングで商品をPRせずに相手に買ってもらうブランディングです。

代表的なのがYAMAHAピアノ教室です。

YAHAMAはピアノを売りたいのですがピアノは何百万もしとても高価な代物です。

そこでピアノ教室を開きピアノに触れることでピアノを買ってもらうという戦略を打ち出しました。

ピアノを習いもっとピアノを弾きたいからピアノが欲しい。相手にほしいと思わせることができるのでしっかりとしたブランディングとして成り立ちます。

まとめ

Week8のブランディングスキルでは

  • コーポレートブランディング
  • プロダクトブランディング
  • マーケティングブランディング
  • セールスブランディング

の4つに分けてブランディングの重要性を学びました。

ブランディングの強い企業は広告費など経費を抑えられます。

どのようにして商品を売らずに付加価値を付けていくのかしっかり考えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました