自己変革準備編【MUPカレッジ Week3】

MUP Week講義
スポンサーリンク
KAZUMA
KAZUMA

こんにちは。KAZUMAです。

MUP講義Week3に入りました。

自己変革【小さいことから始める】

MUP Week3では自己変革編です。

自己変革をするには何が大切か。

結論から言います。

アイスを買わない冒険ができなきゃ人生の冒険はできない

いきなり変えようと思ってもそう簡単に変わりません。
すぐ変わるのだったら誰だって苦労なんてしませんよね。

すぐに変われないからこそ小さなことから変えていこうというのがこの自己変革編の結論です。

毎日行っているコンビニを変える、朝のコーヒーをスタバからタリーズにする、夜いつもより早く寝て早く起きる。
こんな小さなことでいいんです。
自分は朝早く起きる、筋トレをする、豆乳を飲むっていう変化を加えました。
大は小を兼ねるといいますし。

そんなこと言われても何変えたらいいんだろうと思いつかない人がいると思います。
迷うことなんてないんです。
とりあえず自分の生活をカテゴリーにまとめて書き出してみてください。

生活のカテゴリー化

自分の生活をカテゴリー化してみました。
なんの変哲もない一般大学生の1日です。笑

書き出せたら大カテゴリーの間の行動を書き出してください。
私は通学から学校につくまでの間の行動を書き出しました。

書き出した行動を見てみてください。
毎日同じ行動していませんか?

自分の行動を書き出して可視化できたら何を変えていいのかあからさまですね。

毎日とっている何気ない行動をどう変えるか横に書き出したらすぐに行動に移せます。

本当に些細なことでいいのです。
私は毎日コンビニでコーヒーを買っているのでスタバに行って買うことにしました。

ぜひPowerPointのファイル貼ってありますのでダウンロードして書き出してみてください!

フリー素材ですのでどんどん利用して広めてください!

コミュニティの拡大

少しでも生活を変えれたら次は自分のコミュニティを広げてください。
同じコミュニティにいても自分の成長につながりません。

コミュニティを広げることで

  • 知らないことを知れる
  • できることが増える

すごい成長につながります。

しかし我々日本人は同じコミュニティにと止まり続けています。

日本人のコミュニティ

私たちは9年間の義務教育を受け、その後高校大学と7年を過ごします。
同じ年齢、制服、地域のコミュニティで義務教育は行われそのあとの進学は同じレベルの学力のコミュニティの中で生活することになります。
すべて同じ環境の仲間といたら考えることが同じになり少し違うことをすれば目立ち変わり者扱いされるようになります。

私の高校では大学に行くのが当たり前でしかもその大学も名の知れた大学であるのが当たり前と風潮でした。
誰か決めたわけでもないのに同じコミュニティにいることで行動が制限されるようになっているのです。

また同じものしか見ないがため視野が狭くない可能性を閉じ込めているのです。

多様性の場に成功あり

コミュニティを広げることで様々な人たちに出会い今まで知らなかったこと、知らなかったスキルなどを知ることができ自分の人生において様々な選択肢を選べるようになるのです。

今までが3しか選択しがなかったとして10まで選択肢の幅が増え視野がすごく広がります。

コミュニティを広げる最適な場【MUP】にいて広げない手はないです。

自分から積極的にインスタでMUP生とつながったりイベントに参加していきます。

自分を変えるために

自己変革のためにできることはたくさんあります。
やるかやらないかは自分次第ですがやらない以外の選択肢なんてありません。

MUPという素晴らしい場を最大限に活用し自己変革していきましょう。

【自己変革スキル】自分の人生を激変させた魔法の実体験(1000人がガチ試した)

コメント

タイトルとURLをコピーしました